Imported Upstream version 2.11~beta2+ds
[debian/jabref.git] / src / main / resources / help / ja / LabelPatterns.html
index 555be8a..9ff5c3f 100644 (file)
@@ -6,7 +6,7 @@
 
 <body>
 
-    <h1>BibTeX<ruby><rb>é\8dµ</rb><rp>(</rp><rt>ã\82­ã\83¼</rt><rp>)</rp></ruby>ç\94\9fæ\88\90æ©\9fæ§\8bã\81®è\87ªä½\9c</h1>
+    <h1>BibTeX<ruby><rb>é\8dµ</rb><rp>(</rp><rt>ã\82­ã\83¼</rt><rp>)</rp></ruby>ç\94\9fæ\88\90æ\96¹æ³\95ã\81®èª¿æ\95´</h1>
 
     <p>JabRef設定の「BibTeX鍵の生成」タブでは、BibTeXラベルの自動生成に使用されるフィールドを設定することができます。パターンは、標準的な項目型それぞれに対して設定することができます。</p>
 
 
         <li><b>[<code>auth.etal</code>]</b>: 第1著者の姓の後に、著者が2名の時は第2著者の姓、著者が3名以上の時は「.etal」。<br /></li>
 
+        <li><b>[<code>authEtAl</code>]</b>: 第1著者の姓の後に、著者が2名の時は第2著者の姓、著者が3名以上の時は「EtAl」。これは、<code>auth.etal</code>に近いですが、著者同士が「.」によって区切られないことと、著者が3名以上の時に「.etal」ではなく「Etal」が付け加えられるところが違います。<br /></li>
+
         <li><b>[<code>authshort</code>]</b>: 著者1名の時はその姓、著者2名以上の時は、3名までの著者の姓の最初の文字。4名以上の著者がいる時には、その後に+文字。<br /></li>
 
+       <li><b>[<code>authForeIni</code>]</b>: 第1著者の名のイニシャル。<br /></li>
+
+       <li><b>[<code>authorLastForeIni</code>]</b>: 最後の著者の名のイニシャル。<br /></li>
+
     </ul>
 
     <p><b>《註》</b>(編集書籍など)著者がいない場合には、上記の<b><code>[auth...]</code></b>マーカーはすべて、編者を(ある場合には)代わりに使用します。したがって、著者のいない書籍の編者は、ラベル生成用には著者として取り扱われます。この挙動を望まない、即ち著者がいない場合は何も出力しないマーカーが必要な場合には、上記のコードにおいて<b><code>auth</code></b>の代わりに<b><code>pureauth</code></b>を使用してください。例:<b><code>[pureauth]</code></b>や<b><code>[pureauthors3]</code></b>など。</p>
 
         <li><b>[<code>edtrshort</code>]</b>: 編者1名の時はその姓、編者2名以上の時は、3名までの編者の姓の最初の文字。4名以上の編者がいる時には、その後に+文字。<br /></li>
 
+       <li><b>[<code>edtrForeIni</code>]</b>: 第1編者の名のイニシャル。<br /></li>
+
+       <li><b>[<code>editorLastForeIni</code>]</b>: 最後の編者の名のイニシャル。<br /></li>
+
         <li><b>[<code>firstpage</code>]</b>: 発行物の最初のページ番号(注意:bibtexは<code>7,41,73--97</code>あるいは<code>43+</code>という表記をするので、pagesフィールド中の最小のページ番号を返します)<br /></li>
 
         <li><b>[<code>keywordN</code>]</b>: "keywords"フィールドのN番目のキーワード。キーワードがコンマかセミコロンで区切られていると仮定します。<br /></li>