Imported Upstream version 2.11~beta1+ds
[debian/jabref.git] / src / main / resources / help / ja / EndNoteFilters.html
1 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
2 <head>
3 <link rel="stylesheet" type="text/css" href="jabref_help.css"/>
4 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
5 </head>
6
7 <body>
8     <h1>EndNote書出フィルタ</h1>
9
10     <h2>JabRefからの書き出し</h2>
11
12     <p>JabRefは、EndoNoteが読込可能形式ファイルへ書き出すことができます。この機能を使うには、<b>ファイル→書き出す</b>を選択して、ファイル形式 <b>Endnote (*.txt)</b> を選択し、書出ファイル名を指定してください。</p>
13
14     <h2>EndNoteへの読み込み</h2>
15
16     <p>EndNoteの既定の読込フィルタは、複数の著者や編者を適切に取り扱うことができません。これを回避するには、以下の2つの方法があります。</p>
17
18     <ol>
19         <li>組み込みフィルタを使用して、ファイルを後から修正します。ファイルをEndNoteで開くには、EndNoteで新規データベースを作成するか、既存のデータベースを開いてください。その後、<b>File → Import</b>を選んで <b>Choose File</b> をクリックし、書き出したファイルを選択してから <b>Choose</b> をクリックしてください。<b>Import Options</b> をクリックして、<b>EndNote Import</b> を選択します。<b>Import</b> をクリックすれば、読み込みが始まります。読み込み後、<b>Edit → Change Text</b> を選択し、<b>Any Field</b> を <b>Author</b> に変更します。" and "を検索フィールドに入力し(引用符なし)、変更フィールドにリターン文字を入力して(Mac OS Xではoption-return、Windows XPではctrl-return)、<b>Change</b> をクリックしてください。同じことを <b>Secondary Author</b> フィールドについても繰り返します。</li>
20
21         <li><i>EndNote Extras</i> に <i>EndNote Import from JabRef filter</i> を導入します。下記の <b>進んだ使い方</b> の指示に従ってください。ファイルをEndNoteで開くには、EndNoteで新規データベースを作成するか、既存のデータベースを開いてください。その後、<b>File → Import</b>を選んで <b>Choose File</b> をクリックし、書き出したファイルを選択してから <b>Choose</b> をクリックしてください。<b>Import Options</b> をクリックして、<b>EndNote Import from JabRef</b> を選択します(もしこれが表示されていなければ Other filters を選択してください。それでも表示されていなければ、フィルタが正しく導入されていません)。<b>Import</b> をクリックすれば、読み込みが始まります。</li>
22     </ol>
23
24     <h2>注記</h2>
25
26     <p>EndNote書出フィルタは、BibTeX項目型を以下のように EndNote reference type に対応させます。</p>
27     <pre>
28 BibTeX項目型 → EndNote Reference Type
29 ------------------------------------------
30 misc, other → Generic
31 unpublished → Manuscript
32 manual → Computer Program
33 article → Journal Article
34 book → Book
35 booklet → Personal Communication
36 inbook,incollection → Book Section
37 inproceedings → Conference Proceedings
38 techreport → Report
39 mastersthesis, phdthesis → Thesis</pre>
40
41     <h2>共著者</h2>
42
43     <p>既定の書出フィルタは、authorフィールドやeditorフィールド中の角括弧に囲まれた項目は、共著者であるものと見なし、角括弧は後ろに付けたコンマに変換されます。しかし、これは角括弧に囲まれたLaTeXコードを含む項目も共著者と見なされることを意味し、このような場合には適切に整形されません。</p>
44
45     <h2>進んだ使い方: EndNote Extras</h2>
46
47    EndNoteとJabRefの間の相互互換性を向上させるためには、JabRefウェブページにあるResourcesのページからEndNoteフィルタセットをダウンロードしてください。
48 </body>
49 </html>