Imported Upstream version 2.11~beta1+ds
[debian/jabref.git] / src / main / resources / help / ja / StringsHelp.html
1 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
2 <head>
3 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
4 <link rel="stylesheet" type="text/css" href="jabref_help.css"/>
5 </head>
6
7 <body>
8
9     <h1>文字列ヘルプ</h1>
10     <p><em>BibTeX</em>は、<code>@String {<ruby><rb>鍵</rb><rp>(</rp><rt>キー</rt><rp>)</rp></ruby> = 値}</code> と指定することで固定文字列を記憶させることをサポートしています。
11     <acronym>JabRef</acronym>は、文字列の管理を<b>BibTeX→文字列を編集</b>(これは<a href="StringEditorHelp.html">文字列エディタ</a>を開きます)でサポートしています。指定した値は、フィールド中で使用することができます。例えば、BibTeXファイル中で</p>
12     <pre><code>@String { kopp = "Kopp, Oliver" }
13 @String { kubovy = "Kubovy, Jan" }
14 @String { et = " and " }</code></pre>
15 <p>と指定してあれば、どこかの項目中で、例えば、<code>@Misc{ author = kopp # et # kubovy }</code> あるいは <code>@Misc{ author = kopp # " and " # kubovy }</code> として使うことができます。JabRefフィールドエディタ中では、authorフィールドに  <code>#kopp# #et# #kubovy#</code> あるいは <code>#kopp# and #kubovy#</code> のように挿入します。</p>
16
17 <p>
18 <acronym>JabRef</acronym>では、文字列の概念を拡張して、これら<code>@String</code>に型を導入しました。問題は、そのような文字列の型をBibTeXファイル中でどう保管するかですが、<acronym>JabRef</acronym>は、以下のように前置句を加えることで型を追記します。</p>
19
20 <ul>
21 <li><code>@String { aKopp = "Kopp, Oliver" }</code>は、author型の<code>@String</code>です。</li>
22 <li><code>@String { iMIT = "{Massachusetts Institute of Technology ({MIT})}" }</code>は、institution型の<code>@String</code>です。</li>
23 <li><code>@String { anct = "Anecdote" }</code>は、other型の<code>@String</code>です。</li>
24 <li><code>@String { lTOSCA = "Topology and Orchestration Specification for Cloud Applications" }</code>は、other型の<code>@String</code>です。</li>
25 </ul>
26
27 <p>
28 author型の<code>@String</code>は、authorフィールドとeditorsフィールドでのみ使うことができます。同じく、institution型の<code>@String</code>は、institutionフィールドとorganizationフィールドでのみ使うことができます。other型の<code>@String</code>は、どこでも使用することができます。
29 </p>
30
31 <p>
32 下記の通り、同じinstitutionを複数の型に持つこともできます。
33 </p>
34 <ul>
35 <li><code>@String { aMIT = "{Massachusetts Institute of Technology ({MIT})}" }</code>
36  は、institutionがauthorもしくはeditorとして現れる場合のものです。</li>
37 <li>
38 <code>@String { iMIT = "{Massachusetts Institute of Technology ({MIT})}" }</code>
39 は、institutionがinstitutionもしくはorganizationとして現れる場合のものです。</li>
40 <li>
41 <code>@String { pMIT = "{Massachusetts Institute of Technology ({MIT}) press}" }</code>
42 は、institutionがpublisherとして現れる場合のものです。</li>
43 </ul>
44 <p>
45 最後の例は、矛盾しているように見えるかもしれませんが、重複を避けた上で、人名と組織名を統一的に扱うためのものです。</p>
46
47
48 </body>
49 </html>