Imported Upstream version 2.10+ds
[debian/jabref.git] / src / help / ja / Spires.html
1 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">\r
2 <head>\r
3 <link rel="stylesheet" type="text/css" href="jabref_help.css"/>\r
4 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">\r
5 </head>\r
6 \r
7 <body>\r
8 \r
9     <h1>Spires 検索</h1>\r
10 \r
11     <p>この機能を使うには、<b>検索→ウェブ検索</b>を選択すると、検索操作盤が側面に現れます。ドロップダウンメニューから<b>Spires</b>を選択してください。</p>\r
12 \r
13 <p>Spires検索は、検索クエリをSpiresウェブサーチにそのまま渡しますので、<em>find</em>あるいは<em>fin</em>コマンドを省く点以外は、そのままクエリを構成してください。このヘルプページは、検索クエリへの簡単な導入を行うだけですので、Spires検索の詳細なヘルプについては、http://www.slac.stanford.edu/spires/hep/help/index.shtmlを参照してください。</p>\r
14 \r
15     <p>論理演算子として<em>and</em>および<em>or</em>を使用して結合することで、複数の部分を持つクエリを構成することができます。各部分は、検索するフィールド型を示す文字または単語の後に空白を置き、その後に検索する文字列を置くことで構成されます。</p>\r
16 \r
17     <p>以下の一覧は、使用することができるフィールド指示子の一部を示したものです。</p>\r
18     <ul>\r
19         <li><em>a</em>または<em>author</em>: 著者名を検索</li>\r
20         <li><em>t</em>または<em>title</em>: タイトルを検索</li>\r
21         <li><em>j</em>: 学術誌名。ここでは、当該学術誌のよく使われる短縮形か5文字CODEN短縮形を使用することができます。巻号とページもコンマ区切りで含めることができます。例えば、<em>j Phys. Rev.,D54,1</em>とすると、Phys. Rev., volume D54, page 1を検索します。</li>\r
22         <li><em>k</em>: キーワードを検索</li>\r
23     </ul>\r
24 \r
25     <p>クエリの例:</p>\r
26     <ul>\r
27         <li><em>a smith and a jones</em>: 著者に"smith"と"jones"が含まれる文献を検索</li>\r
28         <li><em>a smith or a jones</em>: 著者が"smith"か"jones"であるような文献を検索</li>\r
29         <li><em>a smith and not t processor</em>: 著者"smith"を検索するが、タイトルに"processor"があるものを省略</li>\r
30     </ul>\r
31 \r
32 </body>\r
33 </html>\r