Imported Upstream version 2.9.1+ds
[debian/jabref.git] / src / help / ja / JabRefHelp.html
1 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">\r
2 <head>\r
3 <link rel="stylesheet" type="text/css" href="jabref_help.css"/>\r
4 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">\r
5 </head>\r
6 \r
7 <body>\r
8     <h1>JabRef</h1>\r
9 \r
10     <p><strong>《註》</strong><em>bibtex</em>プログラムは、各ヘルプファイル中で繰り返し言及されています。<em>Bibtex</em>は、Oren Patashniによって作られた、LaTeX文書中の書誌参照を生成するためのユーティリティです。同じデータベース形式が、Adobe FrameMaker中の書誌情報生成ユーティリティであるCiteMakerでも使用されています。</p>\r
11 \r
12     <p>JabRefは、<em>bibtex</em>データベースを操作するためのプログラムです。本プログラムは、内部ファイル形式は使用しておらず、通常はデータベースを直接<em>bibtex</em> .bib形式で読み込んだり保存したりします。一方で、様々な形式の書誌データベースをJabRefに読み込むこともできます。</p>\r
13 \r
14     <p>JabRefは、使用しているデータベース内容の全体像を得られるように、整序機能や検索機能を備えています。また、どの情報が必須だったか暗記しておくことなく、簡単に新しいデータベース項目を追加することができますし、<em>bibtex</em>キーを自動生成させることもできます。JabRefは、<em>bibtex</em>やCiteMakerを利用している方々に最適ですが、その他の参照システムを使用している方や、単に文献ソースを整理したいという方にも便利です。</p>\r
15 \r
16     <p><a href="BaseFrameHelp.html">JabRef 基本ウィンドウ</a></p>\r
17 </body>\r
18 </html>\r