JabRef 第 @version@ 版

JabRefはフリーソフトウェアです。JabRefは、Free Software Foundationが公開しているGNU General Public Licenseのversion 2か、(お望みであれば)それよりも新しい版の下で自由に配布し修正することが可能です。

Current developers:

Simon Harrer, Oliver Kopp, Igor Steinmacher

Former developers:

Morten O. Alver, Nizar N. Batada, Michel Baylac, Kolja Brix, Guillaume Gardey, Oscar Gustafsson, Cyrille d'Haese, S M Mahbub Murshed, Raik Nagel, Christopher Oezbek, Ellen Reitmayr, Gert Renckens, Andreas Rudert, Michael Spiegel, Ulrik Stervbo, Joerg K. Wegner, Michael Wrighton, Egon Willighagen, Jörg Zieren

貢献者:

Thomas Arildsen, Michael Beckmann, Oliver Beckmann, Fedor Bezrukov, Fabian Bieker, Aaron Chen, Thorsten Dahlheimer, Fabrice Dessaint, Tobias Diez, Nathan Dunn, E. Hakan Duran, Brian Van Essen, Alexis Gallagher, David Gleich, Eduardo Roberto Greco, Yara Grassi Gouffon, Leonardo Haddad Carlos Sascha Hunold, Philip Johnson, Bernd Kalbfuss, Martin Kähmer, Ervin Kolenovic, Krzysztof A. Kościuszkiewicz, Christian Kopf, Jan Kubovy, Jeffrey Kuhn, Uwe Kuehn, Felix Langner, Stephan Lau, Alexsandro Lauber, Renato Massao Maeda da Silva, Luciana de Melo e Abud, Alex Montgomery, Saverio Mori, Ambrogio Oliva, Brian Quistorff, Stephan Rave, John Relph, Hannes Restel, Moritz Ringler, Andreas Rudert, Mark Schenk, Nathan Sheffield, Rudolf Seemann, Toralf Senger, Manuel Siebeneicher, Waluyo Adi Siswanto, Mike Smoot, Ulrich Stärk, Martin Stolle, Ruy Minoru Ito Takata, Thiago Gomes Toledo, Mattias Ulbrich, David Weitzman, Seb Wills, John Zedlewski

以下の方々に感謝します:

Samin Muhammad Ridwanul Karim, Stefan Robert

使用しているサードパーティ・ソフトウェア:

JabRefは、JGoodies (http://www.jgoodies.com) がBSDライセンス (詳細についてはhttp://www.opensource.org/licenses/bsd-license.htmlを参照) の下で配布しているJGoodies Looks およびJGoodies Forms を使用しています。

また、これらの条件で配布されているKarsten Lentzschによる二つのクラス (SimpleInternalFrameおよびUIFSplitPane) も含まれています。

コマンドラインオプションは、RitOpt (http://ritopt.sourceforge.net) を使用して解析しています。RitOptは、GNU General Public License, version 2の下で配布されています。

JabRefは、検索文字列の解釈にANTLR解析生成子を使用しています。ANTLRはパブリックドメイン・ソフトウェアです。ライセンス条項については、http://www.antlr.org/license.htmlをご覧ください。

JabRefは、表の表示とフィルタリングにGlazed Listsライブラリ (http://publicobject.com/glazedlists) を使用しています。これはLesser General Public Licenseの下で配布されています。

JabRefは、スレッディングライブラリSpin も使用しており、これはLesser General Public Licenseの下で配布されています。

Microbaライブラリ由来のいくつかのGUIコンポーネントが使用されており、これはBSDスタイルライセンスの下でライセンスされています。詳しい情報についてはhttp://sourceforge.net/projects/microba/をご覧ください。

大半のアイコンは、Everaldo (http://www.everaldo.com) によるCrystal Clearから採られています。これはLesser General Public Licenseの下で配布されています。

JabRefは、PDF取扱のために、FontBox、JempBoxおよびPDFBoxライブラリを使用しています。これらはApacheライセンスの下で配布されています。詳細はhttp://pdfbox.apache.orgを参照してください。

Ubuntu版では、Unityグローバルメニューへの統合をサポートするために、JabRefは、Java Ayatanaを使用しています。詳細については、http://code.google.com/p/java-swing-ayatana/を参照してください。